カフェ

『お気に入りのお店は流行ってほしくない』ってドSかよ!?

煽り感ある記事タイトルで引きつけるのはブロガーの常套手段です

 

たま~~~に煙たがられる

カフェに行って記事を書いていて、その店の常連さんに

『ブログを書いています!』

って言うと

『人気が出ると困るから書かないでほしいなぁ』

みたいなことを言われることがたま~~~にあるんですよね

ほんとにたま~~~にね

そしてその気持ちはすごくわかる!

 

ぼくは仕事が土日休みですので、必然的にカフェに行くのは土日なんですね

人気店って土日は並ぶし、当然お店は忙しそうなので長居は申し訳ない気持ちになるんですね

お気に入りのお店が繁盛すればするほど,居心地ってわるくなるんですね。並ばなきゃいけないし、店内はザワザワするし

だから『ブログに書かないで』って気持ちはよーくわかるんです

が、この言葉ってお店に対してかなりドS!

 

なんでかって、この言葉はお店の人に対して

『一生いまのままの給料で働いてね。なぜなら私がお店を快適に利用したいから!』

って言ってるのと同じなのでは!?と思うんです

 

っていうのは、お店に限らずあらゆる会社は,スタートした瞬間から売上・利益を伸ばす宿命にあるんです

なぜならばそこで働く人が給与が上がることを望むからなんですよね

 

もしそこで働く人全員が

『スタート時給の1000円、またはスタート給与の手取り18万円で働き続けます!』

っていうのならならお店の売上や利益を伸ばす必要はないんですが

そんなことありえないですよね?

いまよりいい生活したいじゃないですか

だってにんげんだもの こうや

 

ここで冒頭の『ブログに書かないで』っていう言葉を思い出してほしいのですが

これ以上繁盛しないでほしい=わたしのためにそのままの待遇で働いてね

っていうドSの方程式が完成するわけです

それはどうなのかなぁって思うんですよ

そのお店が好きなのであれば,ファンなのであれば,応援したいのであれば,繁盛することを歓迎するのが優しさじゃないかなぁと思うんですよ

繁盛することでお店で頑張っている人の人生がより良くなりますからね

お金では幸せにはなりませんが,お金があることでいろんな選択肢が増えますからね

余裕って大事

 

 

みんなで応援しましょうよってこと

ひとりじめは寂しいですよ

みんなでお店を応援しましょうよ

頑張っているお店がちゃんと評価される(人気が出る)よう,どんどん流行っていいと思うんです

そんなことをコーヒーの日である本日10月1日に思ったので書いてみました

現在いい人キャンペーン中のぼくですよろしくお願いします

 

 

きょうはそんなとこ!おわりっ!

今日も、「のーとぶっく!らいふはっく!」に来てくれてありがとうございます。
高野 蛍(こうや けい)がお送りしました。
みなさんのクオリティ・オブ・ライフ向上のお役に立てれば幸いです!

ABOUT ME
こうや けい
みなさん初めまして!こうや けい と申します このブログでは,雑記や,みなさんのクオリティ・オブ・ライフ向上につながる世の中にあるイイモノを紹介していきます!