うつ病を治そう!

タイトルが明るすぎますね

医療関係者からクレームがきそう

あ,そうそう

うつ病なうです

絶賛治療中だよ!

2週間に1回お薬貰いに行くのめんどい

うつ病であることを隠すつもりは無かったですが,言ったら言ったで相手に心配されますし,というか平均以上に笑う男なので

『うつ病です!』

と言っても信じてもらえないっていうのもあって,わざわざ言う必要も無いかなーという考えから近しい人以外には言っていませんでした

じゃあなんでこの記事書いたの?

って話

それは

『ひとつの体験談として読んで貰えたらなー』

という思いがあって記事にしました

試しに

『うつ病』

とかでググって欲しいんですけど,SEO対策バチバチにした,上っ面なまとめサイトがいっぱい出てくるだけであまり親近感がないんですよね

そこにうつ病のリアルな話はないというか

感覚的にはうつ病がテレビで紹介されているような感じです

というわけで

『じゃあぼくが書いてやんよ!』

っていつものノリと勢いで記事にしました

恥部を晒していくスタイル

いつものごとく面白おかしく読んでください

発症

不穏なタイトルですね

仕事が激務で,ひとりじゃこなしきれない業務量をこなすよう上から言われ,やってもやっても終わらない日々が続いていたころ

『あれ?会社に行きたくないぞ』

という感情が芽生えだしました

まぁ仕事に行きたいって感情があったらそれはそれでヤバそうですが

日を追うごとに

謎の頭痛

に襲われ

ある日から

仕事が手につかない!

パフォーマンスが通常の10%ぐらいでした

マジで

じぶんでもびっくりするくらい仕事が進まないんです

そして朝起きたときに手に力が入らなくなくなったあたりでようやく

『これアカンやつや…』

と気づき,会社には

『頭痛なんで病院行きます』

と電話し休み,内科には行かずメンタルクリニックに行きました

前職で似たような症状で会社辞めてるので

『ヤバい』

とわかったのが不幸中の幸いでしたね

ちなみに前職ではちゃんと治療していませんでした

うつは自然治癒とかしないから気をつけよう!

治った気がしてるだけ

初診

というわけでメンタルクリニックへ

症状,勤務状況などを話したあと,先生がうつ病についての説明や今後の話を始めました

・コップと水を想像する

症状が出るのは,コップに注がれる水(ストレス)が溢れ出している状態

溢れ出した水が頭痛などの症状として現れる

なのでまずやるべきことはストレスを減らすこと

具体的には休職・離職など仕事から離れること

・並行して投薬治療を行う

イメージとしては薬で水(ストレス)を減らす感覚

メカニズムとしては薬で幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを増やし,ストレスを軽減していく

・薬を飲まずに治していくこともできるが,薬を飲む場合に比べて多くの時間が必要となる

・薬を自己判断で突然やめないこと。離脱症状というものが起きる。具体的には不安感,焦燥感など

・薬を飲んでいる期間はお酒を飲まないこと。命に関わるため

・休職中に,ストレスとうまく付き合う方法を身につける

それが出来ないといつまでたっても薬をやめられず,完治ではないため

ストレスをうまく付き合う方法とは,例えば温かいお茶を飲んで『ホッ』とするような,場所や時間が特殊でなくても出来る方法のこと

例えばストレスを100ポイント受けているとしたら1ポイントでも2ポイントでも下げるようなイメージ

・休職期間は短い人で1ヶ月,多くの人で3ヶ月くらい

・休職の手続きに診断書が必要となると思うので,毎月中旬以降に,次月に復職可能かを判定する

・体調が良くなり復職の可能性が出てきたら,復職の判定基準・また復職への準備として,その月の後半2週間をシミュレーション期間とする

シュミレーション期間の具体的な過ごし方は,会社の始業時間に間に合うよう起床・準備・通勤をする

可能であれば会社の扉の前まで行く(復職初日にトラウマで扉を開けられない人もいるため)

デスクワークであれば近くの図書館でデスクワークのようなものを行い,現場作業であればジムなどで体を動かすことをし,終業時間まで過ごす

・復職後は段階的に2~3ヶ月をかけて仕事に慣らしていく

復職=完治ではない。イメージとしてはうつ病が骨折だとしたら復職はギプスが外れた状態。この状態で全力疾走するとまた骨折する。なので気合を入れて働かないこと。

復職プログラムを用意している企業のパターンとして,最初の1ヶ月を時短勤務,次の1ヶ月を定時勤務,次の1ヶ月を残業とするイメージ

上記はあくまで一例であり,勤務状況の決定権は産業医にありメンタルクリニックの担当医には指導権はないので参考とすること

・復職後1ヶ月間は週に1回の診察とし,それ以降は2週間に1回の診察で様子を見て,最終的に1ヶ月に1回の診察とする

復職後半年間は同じ薬を処方し,それから半年間をかけて薬を減らしていく。つまり復職後1年をかけて薬を飲まない状態にする

だいたいこんなような内容のやりとりをしました

死んだ目をしたぼくの質問にも丁寧に答えてくださりました

40分くらいやりとりしてた気がする

M先生やさc

翌日会社へ

もうこの時点で仕事を辞めたくてしょうがなかったので退職願いを準備して会社へ

上の人に

メンタルクリニックへ行ったこと

医師とのやりとり

を話し退職願の提出をしました

『まぁいったん休め。何ヶ月でも休んでいいから』

と優しいお言葉を頂戴し,翌日から無期限休職期間に突入しました

ちなみに退職願は返却されました

あのとき休職を選んでおいてよかったと思います(こなみ)

毎月お金が貰える安心感!ヒャッフー!

再度受診

退職願い返却事件の翌日,メンタルクリニックへ

会社とのやりとりをM先生に話し,治療開始

1秒も働いていないのに傷病手当金で給料を貰えるという夢のような生活

が始まりました

収入のあるニートの完成です

やったね

まぁ傷病手当金は手取りで通常のだいたい半額になってしまうんですけどね

しゃーなし

薬の副作用つら

レクサプロ 10mg

っていう薬が処方されました

写真は会社のデスクの上です

病人アピールですね

抗うつ薬とか安定剤というのは

寝る前1錠セロトニンどぱどぱハッピー

になれるお薬です

表現がヤバい

診察時に

『胃のむかつきが起きる可能性があるけど頓服いる?』

って聞かれたのになぜか虚勢をはって

『いらないです』

と答えたのを本気で後悔しました

…胃のむかつきがヤベェ!

二日酔い最終進化形態みたいな胃のむかつきが襲ってきます

二日酔いしたことないけど

あと

酔っぱらった感覚もありました

フワフワしてました

まぁいつまでもってわけでもなく,初日だけでしたが

あと

とにかく眠かったです

『しあわせ~ 眠たい 寝よ』

みたいな

恐ろしく集中力が無かったです

のちの受診時に聞きましたがそれはストレスを感じていない証拠だそうです

何かに集中している状態ってストレスかかってるらしいです

そしてこの

眠たくて眠たくて寝る

というクセを治すのにかなり苦労することになります

会いたくて会いたくて震えたことはありませんが,眠たくて眠たくて寝るっていうのは毎日です

曲作ろうかな

薬を飲み始めて最初の診察

このころから聞かれることはいま(治療半年め)でもだいたい同じで

  • 調子はどうですか
  • ちゃんと眠れていますか
  • 薬は飲んでいますか
  • 落ち着いて淡々と過ごせていますか
  • 困っていることはないですか
  • (復職してからは)仕事は問題なく続けられそうですか

を聞いた上で

  • 次の診察までどう過ごすか

を説明されるという流れです

毎週診察がありました

復職して1ヶ月経ったころから2週間に1回の診察になりました

これまでの診察時に質問したこととその回答

記憶をもとに書いていますので正確性には欠けます!

また個々によってケースが違うため回答を鵜呑みにしないで下さい!

Q1.

お酒は一滴も飲んじゃだめですか

A1.

だめです

Q2.

カフェインもダメですか

A2.

嗜好品としてならOK。眠気を覚ます手段としてはNG。なぜなら薬の効果でリラックスしているのに神経を高ぶらせては薬の意味が無いので

Q3.

婚活パーティーにハマってしまいました

A3.

…(苦笑)

神経を高ぶらせてハイな状態は元気な状態に思えますが,精神的に無理をしているので婚活パーティーは控えましょう

そもそも休職期間とは復職に向けて心身を整える期間ですので,身体に負担をかけないでください

Q4.

ヒマです。なにか熱中できるものがあったほうがいいのでは?

A4.

熱中,集中している状態とは精神的に負担がかかっています。ですのでその心配は不要です。穏やかに過ごして下さい

Q5.

薬を飲み忘れました。どうすればいいですか?

A5.

寝る前に飲むよう指示をしていますが,飲み忘れた場合翌日の午前中くらいまでであれば飲んでください

基本的な考え方として,1日に1錠飲むことですので,時間が多少ズレるぶんには構いません

Q6.

性欲が落ちた気がします。体感で通常の90%減です

A6.

薬の副作用としてかなりの低確率で性欲減退症状が現れますが,そもそもうつ病の症状としての性欲減退の可能性もありますので,ここで薬を飲まないという選択は避けたいです

また,そのような症状をあまり気にしすぎるとそれこそうつ状態が悪化しますので,あまり深く考えないでください

Q7.

仕事中めっちゃ眠いです

A7.

まだ薬を止める段階ではなく,飲むのをやめるという選択は出来ませんので,飲むタイミングを変えてみてください。1日1錠飲めば良いのでタイミングはいつでもいいのです

ただし一度タイミングを変えたらそのタイミングで飲むことを一週間ほど続けてください。薬以外の要因で眠気も変わると思いますので,一週間ほど様子を見る期間は必要です

Q8.

やっぱり眠いです。午前がの眠気がやばいです。薬はお昼ごはん後に飲んでます

A8.

薬が21時間後に強く効くとは考えにくいので,『眠い』ということにフォーカスしすぎだと思います。ちょっと眠くなると『やっぱり眠い』と思ってしまっている可能性があるのであまり意識しないように


そんなとこかなぁ

思い出したら随時追記していきます!

では休職開始から7ヶ月後の現在まで,どう過ごしたかを書きますね

最初の1ヶ月

4月ですね

なんかひたすら

YouTube見て

ニコニコ動画見て

寝落ち

を繰り返していた記憶があります

なにもしなくてもいい生活を謳歌していましたね!

『極力ストレスのかかる行動は避けて』

と言われていました

具体的には初めての人に会う,とか,激しい運動とかですね

ある日の診察で

『ひたすら眠くて20時間くらい寝てます』

と言ったところ

『睡眠で脳のダメージが回復するし眠いのは穏やかに過ごせている証拠だけど,それは寝すぎ』

と言われ

『生活のリズムを崩すと復職してからしんどいから,夜に寝て昼は起きている生活を心がけて』

中学校で指導される夏休みの過ごしかた

を思い出しながらも

『昼やることなくて寝てしまいますたい』

と相談したところ

『日光を浴びる,散歩をする,横にならない』

というアドバイスをもらい,イッヌの散歩なんかを始めました

散歩って単語が出たので書いておきます

うつ病で休職したときに一番気がかりなのって

近所の目

なんですよ

どう思われているのかなー

とあれこれ考えてしまいますが

その思考がうつを悪化させかねないので,ここはひとつ開き直って

お?羨ましいやろ?収入のあるニート羨ましいやろ?

と煽っていくスタイルでいきましょう

煽っていくというのは冗談ですが,それくらい

まわりの目を気にしない

という心構えは必要かなーと思います

2ヶ月め

5月ですね

婚活パーティーにドはまりしてた時期です

5日間で8回参加しましたからね

1日4会場とか参加しましたからね

頭おかしい

婚活パーティーにハマったのって理由があって

仕事という社会とのつながりがなくなって寂しかった

っていう感情でした

ようは誰かとコミュニケーションとっていたいんですね

そしてこの経験がぼくの人生を大きく変えました

婚活パーティーに変えられる程度のぼくの人生って一体…

そしてペアーズに出会うのもこの月です

婚活パーティーに8回参加して28000円使ってようやく2人の女性とデート出来る

という,なんともコスパの悪いお金の使い方をしていたぼくを見かねた友人がペアーズを教えてくれました

刺激を控えろと言われているのにペアーズをやっちゃうぼく

脱線しました

3ヶ月め

6月です

3ヶ月めということで,来月から復職の可能性がありますので,中旬頃からシュミレーションをしました

なお失敗した模様

このブログを始めたのもこのころからですね

というのも

『自宅外でデスクワークをしてください』

と言われてもやることないんですよね!

なのでカフェでも行ってお店の人の話を聞いてブログ記事にするかーと,いわばうつ病のリハビリとして始めたというのがきっかけですね

この行動がのちのちぼくの価値観を大きく変えるきっかけをたくさん作ってくれました

やっててよかったブログ

その話はまた別の機会に

話が若干逸れました

シミュレーション期間はどう過ごしたのかを書きますね

  • 7時 起床
  • 8時 出発(自転車)
  • 8時半 会社の前を通り過ぎる
  • 9時 カフェ着 雑談
  • 12時 昼食(ラーメン屋とか)
  • 13時 カフェ2軒め 雑談
  • 15時 マックへ移動(wifi使いたいから)
  • 17時半 自宅へ

なんかすげーセレブっぽい

そしてカロリー過多で太りました

そんな感じで2週間過ごしたのですが,こんな天国みたいなシミュレーションのどこで失敗したかというと

朝2度寝をかまして10時に起きた

というのが理由です

シミュレーションが始まって最初の診察で困っていることを聞かれて

『2度寝をしてしまいます』

と正直に答えたら

『働く上でそれはまずいので,来月からの復職は出来ないと判定します』

と言われました

おっしゃる通りですね

問題なく働けますよ,という状態にもっていくのが休職期間なのに,休職期間中に問題があったら復職出来ませんからね

4ヶ月め

7月ですね

暑いですね

シミュレーションも成功し,復職が決まりました

担当医からは

『とにかく慎重に過ごしてください』

『いちばん良くない結果は,再発して再度休職になってしまうことで,そうなるとまたイチからやり直しですので慎重に』

とかなり念を押されました

ダラダラ仕事をしようと決意しました

5ヶ月め

8月ですね

復職です

会社が最大限の配慮をしてくださり

  • 最初の1週間:昼まで勤務
  • 2週間め:昼まで勤務
  • 3週間め:15時まで勤務
  • 4週間め:16時半まで勤務

といった終業時間でした

ゆとりですね

業務内容も,アルバイトレベルのお手伝いにしてもらいました

ブラック企業の方から見たら

『天国やんけ!』

って労働環境かもしれませんが,それでも最初の方は半端なく疲れましたし,時の流れが遅いし,ひとりだけさっさと帰っているのはどう思われているんだろうと余計な心配をして疲れました

ですので復職したからといって全力で働くと確実に再発しますので気をつけましょう(自戒)

週一の診察でも

『慎重に過ごしてください』

と言われました

6ヶ月め

9月ですね

定時勤務月です

来月から残業します

この月はなんと会社のお引っ越しがありました

変化=ストレスですのでプチイベントですね(再発の)

いちばんのストレスは,いままで自転車通勤だったのに電車通勤になることです

大学生以来の電車通い

しかも通勤ラッシュ

このことを担当医に話したところ

『自分ではストレスと感じていなくても,小さく積み重なっていくので慎重に過ごしてください』

と言われました

7ヶ月め

10月ですね

残業をします

いきなりフル残業をすると精神的に死にそうなのでエア残業です

ブログ書いてました

ちなみに弊社は9-17時半が定時です

ですが誰も定時で帰りません

定時とはいったい

上司が19時くらいに帰りますので,それ以降は比較的帰りやすいです

ですので残業=19時くらいまでですね

ちなみに残業代は出ない模様

ちぬ

8ヶ月め

11月ですね

なうです

定時で帰るのはノー残業デー(仮)の日のみとなりました

(仮)と書いたのは誰一人として定時で帰らないからです

ですので逃げるように退社します

つら

で,治療経過どーなの?

現状特に問題ない

っていうのが答えですね

仕事内容もぬるくしてもらったので納期に追われることもなく,定時後は会社でコソコソとブログ書いてますのでストレスはあまりないですね

薬飲んでりゃ治んのか!

って思っちゃうんですけど違うんです

思考の歪みを治す

というのが必須,かつしんどいのですよ

この思考の歪みを治すことを認知療法といいます

すっごい大きいメンタルクリニックとかはカウンセラーさんとのやりとりでこの認知療法をしてもらえるのかもしれませんが,残念ながらぼくの通っているメンタルクリニックではそういうのはなかったので

自力で認知療法をしなければならない

という状況です

認知療法って自力で出来るの?

Amazonはうつ病すら救ってくれます

辞書並みに厚い本ですが,これ1冊で認知療法が可能です

電子書籍化はよ

ちなみにリンク張るためにAmazonで『嫌な』と入力したら

『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい』

とかいうニッチもいいところなタイトルの本が予測表示されました

ぼくの性癖にダイレクトアタックしてきやがりますねこのタイトル

ジト目最高

一刻も早く病院行って

とりあえず,

『うつ 症状』

とか

『うつ 治し方』

とかで検索してこの記事を読まれている方

一刻も早くメンタルクリニックへ行ってください

まずは溜め込んでしまったストレスを抜いてください

また,抗うつ薬を飲むということにネガティブな意見が散見されますが

『うつ病に対して医学的知見も無いド素人がイメージで何言っちゃってんの オオン!?』

ってのがぼくの意見です

現代医療は人類の汗と血と涙の結晶です

愚弄するヤツは許さん!

例えばガンになったら医者を信じるしかないじゃないですか

そこに素人意見や根性論の入る余地はないと思うんですよ

病院へ行く・仕事を休む・近しい人には説明する・ストレスの抜き方を試してみる・認知療法やってみる

まとめですが,とりあえず

  • 病院へ行く
  • 仕事を休む
  • 近しい人には説明する
  • ストレスの抜き方を試してみる
  • 認知療法やってみる

を上から順にやってくださいってことが言いたくて記事にしました

うつ病でググってもロクな記事出てこんのだもん…

  • 病院へ行く
  • 仕事を休む

は書いたとおりですね

これやんないと始まらない,というかじぶんでじぶんの人生終わらしてしまう可能性があるので始まらないどころか終わるっていう

  • 近しい人には説明する

これけっこう大事で

というのは誰にも言えない状況ってそれはそれで支障をきたすんですね

今までお酒飲んでた人がいきなりお酒飲まなくなったりとか,やたらうたた寝してたりするとお互いやりづらいんですね

あと思い切ってネタにしてくれると過ごしやすいです

友人なんてぼくの休職中に

『おいニート暇ならエアコン掃除してくれや』

とか

『僕はうつ病じゃないんで!』

とか散々いじってくれやがりましたが,けっこう気が楽でしたね

なんでもそうですが隠し事があると生活しづらいのです

あと

  • ストレスの抜き方を試してみる
  • 認知療法やってみる

これらは同時並行ですし,生きている限りやり続ける必要がありますね

最近サボりがちですが!

勢いで書いた本記事はまだまだ荒削りのため,随時リライト(加筆訂正)していきます!


きょうはそんなとこ!おわりっ!

今日も、「のーとぶっく!らいふはっく!」に来てくれてありがとうございます。
高野 蛍(こうや けい)がお送りしました。
みなさんのクオリティ・オブ・ライフ向上のお役に立てれば幸いです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする