イクジーノカフェでおまかせメニューを食べよう!

前置き

ぼく「イクジーノカフェ行ってくる(2日ぶり5回め)」

友人Y「イクジーノカフェめっちゃ行くやん!」

イクジーノカフェさんの過去記事はこちら!

【イクジーノ カフェ】ランチとラテアートとにぎやかな店長と!【ラテアート】

イクジーノカフェさんでミラクルなかき氷「あじさい」を食べてきた!

デカフェ(カフェインレス)でラテアートを楽しめるとか最高かよ!

イクジーノカフェでフリーポアと本物ハーブティーをいただく!

友人Yと相席ラウンジに行った話はこちら!

相席ラウンジに行こう!

友人Yとは昼キャバにも行って記事にしたのですが,記事公開数日後にこんなメールが…

Googleアドセンス先生から警告がきますた

説明しよう!Googleアドセンスとはクリック報酬型と呼ばれるもので,記事にある広告がクリックされることでブロガーにお金が入る夢のようなシステムなのだ!みんなもクリックしよう!(ダイレクトマーケティング)

メールを要約すると

「Googleの看板に泥を塗るような記事書いてんじゃねーぞゴルァ!アドセンス権利取り上げられたくなかったら記事を消すかアドセンス広告載せるんじゃねーぞ?」

ということらc

外資系こわい

速攻で記事を非公開にしました

昼キャバ記事に広告が載らないように対応して,再公開しますのでお待ちを…

ていうかうちのような弱小ブログにまでしっかりチェック入れてるとかGoogleまじパネェっす

入店

(夜に初めて来るという意味で)貴重な夜のイクジーノカフェの写真です

夜のイクジーノカフェとかいう,店長が喜びそうな意味深ワードを出しましたが特に意味は無いです

今日はイクジーノカフェから歩いて3分のところに住んでいる大学の友人Kと食事をしに行きました!

冒頭の友人Yとは別人です

イクジーノカフェでランチ以外の食事をするのは初めてですね!

仕事後にエッコラエッコラ自転車を漕いで行きました

自転車用のダサい服(汗たっぷり)で友人K(女性)に会うわけには行きません

店に前入りしてトイレ借りて着替えました。ふだん全く使わない整髪料も使いました

店長「わざわざ着替えてイヤらしいなぁ~」

ぼく「ナニガッスカ!」

いつのまにかぼくはいじられキャラと化していました

まんざらでもない

止まらない店長のマシンガントーク

友人Kが来ました

ぼく「こちらが噂の加藤店長です」

3人でコミュニケーション

面白い店長の話

笑うぼくたち

まだ注文していない

いちおうメニュー見る

店長の面白い話が止まらない

やめられない止まらない

そんな感じで最初の注文まで10分くらいかかりました

店長「何飲みます?なにーラがいいですか?なにーラにします?」

そう言いながら座った目でぼくたちの前にテキーラのショットグラスを2つ置く店長

そもそもなぜカフェにショットグラスがあるのか

ぼく「いやそれマジで死ぬんで勘弁してください」

どうもお酒を飲むと死ぬブロガーこと高野 蛍です

ドリンクとか料理とか!

友人K「甘いのが飲みたい!バナナジュースがいい!」

気になってるけど注文したことないドリンクNo.1のバナナジュースです

だってこのドリンク

メニューまるまる1ページ使ってるんですよ!

なのでイチオシかと思いきや

店長「僕バナナ嫌いなんですけど,これメッチャ売れるんですよ!笑」

とかいうオチ

ぼく「ラテアートの次くらいに売れる?」

店長「それくらいですね!たまにバナナが無くなってオーダーストップするくらい笑」

ぼく「マジですか」

店長「イクジーノカフェってイタリアンカフェがコンセプトなんですけど…僕は乳製品ダメじゃないですか。料理人なんてバジル苦手ですからね!ぜんぜんイタリアン向いてない笑」

店長「でも乳製品やバジルを使ったものがよく売れるので,いっそのこと嫌いなものをメニューにしたら売れるんじゃないかって話をしてました」

バナナジュースもバナナが嫌いな店長が口にできるように工夫したそうです。結果的に美味しくなったのかもしれませんね!(適当)

あ,バナナジュースめっちゃうまかったですよ!うますぎてビビった。甘ったるくない優しい甘さ

バナナジュース!(チョコチップ) ¥750

ぼく「この前に話を聞いたサングリア,こだわり凄いじゃないですか。コンク(濃縮液)は使わずに,使うフルーツそれぞれに合った調理法で作られてて。よくこの値段で出せるなぁっていうレベルで」

店長「本場と同じ作り方してますね。まぁ本場で作り方見たわけじゃないですけどね!笑」

ぼく「サングリアのアルコールなしって出来ません?」

すごい質問をするぼく

すごい顔をする店長

こんな顔になってた

まぁぼくはいじっても大丈夫だろうという信頼関係のもと,こういう表情をされている(と思う)ので他のお客さんはご心配なく!

なんかそれっぽいドリンクを作ってもらうことに

バーのようにフワッとした注文が出来るので,こだわりのドリンクが(値段的な意味でも食の安全という意味でも)安心して頼めるバー感覚で利用できます!

カフェとは思えない対応力がすごい

ほかのカフェで「サングリアのノンアルコールで」とか言ったら普通に「ありません」って言われると思います

そして来たのがこちら

オシャレなドリンクでしょ?何だったかは忘れた

ちなみに今回はフルおまかせで頼んだのでメニュー表にあったのはバナナジュースのみです

店長「よくかき混ぜてお召し上がりください」

ぼく「(おっかなびっくりでかき混ぜる)」

店長「見ててヘタだなぁと思ったらこちらでかき混ぜます」

ぼく「(無言で店長に渡す)」

ササッとかき混ぜてくれました

苦手なことは外注に限ります

だれかこのブログのアクセスアップやってくれないかな…

爽やかな甘さでおいしかった!

料理を頼みましょう

ぼく「オススメで!」

男ならやってみたい注文「オススメをください」

とうとう夢が叶いました

店長「今日は甘鯛が入ってます。この辺じゃ出回らない貴重な魚ですね」

マジで何屋なんだここは!

店長「甘鯛のカルパッチョはどうですか?」

ぼく「ください」

店長「ちなみに甘鯛っていい寿司屋だと一貫1000円以上しますね」

ぼく「お金足りるかなぁ笑」

店長「あ,横にローソンあるんで,足りなかったらATM使って下さい」

ぼく「まじか」

店長「うちそんな高い店じゃないんで大丈夫ですよ笑」

たしかに

サングリアとかハーブティーのこだわり聞いた後にメニュー見て「この値段で大丈夫!?」と思ったくらいですので

店長「カルパッチョをお出しするので前菜は魚系ではない,生ハムサラダはどうですか?」

ぼく「お願いします」

店長「あとかぼちゃのスープと,鮮度抜群のキスとあさりの○○(忘れた)」

ぼく「お願いします」

店長「○○と○○もありますので,それはお腹の空き具合をみてまた後ほど」

ぼく「お願いします」

もういいなりですね

ラクで良いです

生ハムサラダがきたぞ!

生ハムサラダ ¥プライスレス

臭みがなく塩加減も適度でうまいぞ!

生ハムを良い状態で出すために,注文を受けてから切っているそうです

かぼちゃのスープ

かぼちゃのスープ ¥プライスレス

店長「お皿メッチャ熱いですからね!本当に熱いんで!取手を握りしめて勢いよく啜ってくださいね!」

フリかな?

冒頭から店長の悪ノリが過ぎたようでスタッフさんに「店長^^」と注意されてました

スタッフさん「店長がいつもスミマセン…」

面白い

結果スープを慎重に飲んだ僕はたぶん芸人に向いてない

かぼちゃのやさしい味!上に乗ってるチーズの塩辛さとかぼちゃの甘さのバランスが最高でした

本命,カルパッチョ

甘鯛のカルパッチョ ¥プライスレス

ぼく「うっま!」

魚がね,甘みがあるの

甘鯛だからだねきっと(適当)

赤い実は小さいトマトです

こっちでは売ってないそうです

店長が山梨に畑の勉強をしに行った際に道の駅で買ってきたそうです

味が凝縮されていて,トマト特有の青臭さがなく美味!

穴馬,キスとあさり

キスは料理人さんが釣ってきたものだそうです

身がぷりっぷりでした

店長「うちは死にたてしか使わないんで!」

ぼく「鮮度が高いとか,別の表現使って!」

そしてこのスープがうまいのなんの

黙々と友人Kとスプーンですくって飲んでいました

友人K「持って帰りたいくらいおいしい」

ぼく「だって店長。これはたしかに止まらん!中毒性あるわ~」

店長「あぁ,隠し味で秘密の粉入ってるんで。白いヤバいやつ」

ぼく「またそういう事を…」

友人Kは別の予定が入っていて今日はここまで!

会計は5000円くらいでした!ドリンク2杯と料理4品でこの金額(しかもメニュー表にないものばかり)で本当においしかったので満足です!

みんなもイクジーノカフェでおまかせメニューを楽しもう!

II Cugino cafe(イクジーノカフェ)

Instagram:iicuginocafe
iicuginocafe.com
052-684-5665
水曜定休
11-23時

きょうはそんなとこ!おわりっ!

今日も、「のーとぶっく!らいふはっく!」に来てくれてありがとうございます。
高野 蛍(こうや けい)がお送りしました。
みなさんのクオリティ・オブ・ライフ向上のお役に立てれば幸いです!