ボートカフェでクルージング気分にごはんを食べよう!

ジェットコースターとクジラが苦手です

は?

って思ったひとは正しいです

ジェットコースターとクジラが苦手なのワカルー!

っていうひとはおかしいです。ぜひ飲みに行きましょう

ジェットコースターは説明する必要がないと思います。フワッてする感じがダメ。内蔵紛失しそうで怖い

じゃぁクジラの何が怖いっていうとクジラの大きさと深い海の中の映像がダメなんですよ

こういうの

クジラになんの罪もありませんがゾッとしてしまうんですね

Google画像検索で「クジラ」と検索して上のような画像がいっぱい出てきて発狂しそうになりました

海の中の映像がダメなので,海に飛び込む時は絶対に目を開けません

そもそも飛び込むなよって話ですね

こういう人って大きいものが怖い症候群みたいなのとか,海の中が苦手なのは閉所恐怖症の可能性があるらしいですが,

友人の夜な夜な

身長が10mくらいあるので大きいものは別に問題ないはずだし(ホントは188cm。デカい)

閉所恐怖症はむしろ狭いとこ落ち着く派なので違うと思うし

なんなんでしょう

クジラの映像怖い症候群でしょうか

カフェの紹介するのになんという前置きか!

きょうはそんな海の中が苦手なわたしでも海を楽しめるカフェを紹介しますよ!

voat cafeだ!

早々に”ボート”のつづり間違えやがってこの低学歴が!

というツッコミにはドヤ顔で反論しますよ

あえて前オーナーがboatではなくvoatにしたんです!はい論破!

以上,茶番

tの文字がイカリでカッコいいですね

オープン席が素敵です

外に営業案内がありました

海な気分になります

イカリマークが迎えてくれます

もともとバーがメインのお店を少し改装されているので,バーカウンターは名残ですね

またまた横並び斜め上の法則ですが,ようは気になるあの子と親しくなりたければバーカウンターに座ろう!というものですね

そんなお二人にうってつけなカフェですハイ

おっボートだ!

ディテールが見事すぎる。インスタ映えしますね

この席から間近に堪能できます

クッションも海感があって素敵ですね

わたしが座った席からのビュー

お店は名駅の近くですが道を一本入ったところにあるので人通りが少なく(というかほとんど無い)窓際の席あるあるな通行人とチラチラ目が合うという事態を避けられてgoodです

栄の猿カフェで窓席に案内された時は栄の街を行き交う人と目が合いまくりで落ち着かなかった苦い経験があります。あの時一緒に店に入った女の子は元気だろうか(なおLINE未読スルーされている模様)

あと日陰になっているので直射日光で暑くなくていいですね

メニューがコルクです。カッコイイ

日常に取り入れたいけれどうまく取り入れられないシャレオツグッズランキング一位のコルク素材をうまく取り入れられていますね

メニューっす

スライドショーには JavaScript が必要です。

このあと倫敦塔というイギリス系居酒屋へ行く予定でしたので軽くカフェラテのホットを注文

後で知ったのですが店長さんは調理師で飲食業界で働いていたバリンバリンの料理人でしたので,料理を頼まなかったことを激しく後悔しています

次に行くときは料理を頼もうと心に誓った27の夏の夜

カフェラテ

ラテアートがされていないとほっとします。ホットだけに!

ラテアートは飲むのもったいない!って思ってしまうので

小学生の頃,夏祭りの時に親が持ってきたファミリーパック花火を見て「花火がかわいそう!」(火を付けられて用済みになってしまうから)とギャン泣きしたくらい優しい心の持ち主なのです

あ,次の年の夏にはふつうに花火しました

イスの生地なんですが

ぜんぶ合皮なんだそうです。ボート用品で使われるのと同じ合皮を使っているこだわりよう

ボートで本革を使わないのはケチっているわけではなくて,水分にやられてカビが生えてしまうからだとか。湿度の高い日本ではシートも本皮より合皮のほうがいいですね

それとこの荷物掛け

これはボートのロープをかける部品を荷物掛けにしているとのこと

あとこの扉

オシャレでしょ?なんとこれトイレの扉

トイレ内から

この小窓もガチのボート用品らしく,金具とか可動してびっくりした

人が入ってるときに外から開けるのはマナー違反です。開けちゃヤです

トイレの壁がカッコイイ!

なんとなくレゴブロックを思い出します。ノスタルジー

前オーナーさんから引き継いだお店をほぼそのまま(なんと店名も!)使われているそうです。つまりこのこだわり’sは前オーナーさんのボート好きが高じて,ってとこですね

ちなみに前オーナーさんは美容師さんだそうです。どおりでオシャレですね

で,店長さんの旦那さんが形式上いまのオーナーさんだそうです。前オーナーさんと現オーナーさんは友人で,そのつながりで譲り受けたので本当は現オーナーさんである旦那さんがお店に立ちたかったようですが,なかなか今のお仕事が辞められず奥さんがお店に立っているとのこと

ちなみに現オーナーさんも調理師で,今のお仕事は飲食関係だそうです

このカフェは店長さんが前職で調理師として働いていたのもあり,ダイニングがコンセプトだそうです

「お客さんにはお酒,料理,デザートを楽しんでほしい」

と言われていました

7/7に一周年を迎えられたそうです。七夕に祝えるってロマンチックですね!覚えやすくていい

最初の半年は店を回すのにいっぱいいっぱいで,あまり記憶が無いとか!気づいたら一年経っていたようです

上前津にある「ライフサイズ」というバーの羽田店長も同じことを言われていましたね~こんどライフサイズの記事も書きますね

「カフェを経営している友人から『3年維持してようやくお店をこうしたいと思えるようになる』と言われたけれど,その通りだなぁと最近思えてきた」と言われていました。飲食業界は大変!

文章が多くて疲れたと思うので写真で癒やされてください

日が落ちてくると

各テーブルに火が灯ります

いざ家でマネしてみると「暗っ!」ってなって使わなくなってしまうキャンドルですが,お店だといい感じですね

ボートと一緒に

なんか聖夜って感じが出ますね

会社という名の戦場で荒んだ心が洗われますね

ブログで食っていきたい(願望)

聖夜感に浸りながらサンタさんにお願いしときました

ちなみに予約をすると

ミッフィーちゃんが歓迎してくれます

このあとこの席で美人4人の女子会が始まりました

個人的経験ですが,岩田姓の女性ってだいたい美人ですね

全国の岩田さん一緒にカフェ行きましょう!(直球)

voat cafe

〒451-0045
愛知県名古屋市西区西区名駅2丁目23−14
Instagram:voatcafe
voatcafe.owst.jp
052-462-8558
日曜定休
15-23(LO.22時)
※金・土は混み合いますのでご予約を!
※駐車場は無いです

きょうはそんなとこ!おわりっ!

今日も、「のーとぶっく!らいふはっく!」に来てくれてありがとうございます。
高野 蛍(こうや けい)がお送りしました。
みなさんのクオリティ・オブ・ライフ向上のお役に立てれば幸いです!