フォーナインズメガネのプロダクトの秘密にせまる!【レンズ編】

全国のメガネ野郎&メガネ女子!

待たせたなぁ!

フォーナインズのメガネ記事 フレーム編の続編,レンズ編です!

フレーム編はこちら!

【999.9】(フレーム編)フォーナインズメガネのプロダクトの秘密にせまる!【フォーナインズ】

わたしのブログのフォーナインズ記事を読まれた二大レンズメーカーのNIKON・HOYAの営業さんの間で,記事の圧倒的ハイクオリティ(自慢)ゆえに

「あの人は何者ですか!?」

とウワサになっているそうですが

そんなことお構いなしにいつもどおりギャグを飛ばしつついきますよ!

あ,ちなみになんですが,なんでギャグを合間合間に入れるかというとちゃんと理由がありまして

読み手が飽きるのを避ける

ためなんですね

Wikipediaにもこうありました

表現上のギャグの効果

物語中に適度なギャグを織り込むことで息抜きになり、物語に対する集中力を持続させる

ですのでちょくちょくしょーもないこと言ってますが

そういうしょーもないこともけっこう本気で考えてるんです!意外と!

普段のわたしは

静かで落ち着いていてクール

ですので!たぶん!

はい,いつもどおりの脱線!

本題いきますよー

レンズについて!

水谷店長(以下水谷)「レンズは目に見えない,分かりづらい部分ですね。あんまりゴチャゴチャ言ってしまうと難しい話になるので…しっかりした加工をしています,などイメージ的なことをお話しますね」

わたし(以下--)「よろしくお願いします!」

水谷「フォーナインズが監修するレンズは両面非球面しか使っていないんですね。両面非球面は歪みが少ないんです」

水谷「歪みが少ないと言っても,例えば視線移動で歪む感覚はほとんど分からないですよね?ここで言う歪みが少ないというのは,”脳が見て”気持ちがいいという感覚は両面非球面が体現しやすいという意味なんです」

--「(脳が見て気持ちがいい!?)つまり違和感が少ないということでしょうか。脳に負担をかけにくいというか」

水谷「はい。細かいことを言うと,メガネを作るというのは収差(歪み)と度数とのバランスの戦いなんですね。その点で両面非球面は片面非球面より補正しやすいんです」

水谷「ただ,当店では片面非球面も販売していますので,両面非球面か片面非球面のどちらを選択するかはお客様のお財布事情で,というところですね」

そういえば,フォーナインズでメガネを作ってもらった際に,検眼が他のお店よりかなり細かくて驚いたのですが,そこでは収差と度数とのバランスの戦いが繰り広げられていたんですね…!

水谷「また,地味な話なんですが,レンズにはカーブ面というものがありまして…レンズをフレームにおさめるときにレンズ・フレームにストレスなくスムーズに入れ込めるように,フォーナインズ監修レンズでは一定の度数まではカーブを整えているんですね」

2017-06-19 14.49.22-min.jpg

--「カーブが一定なんですね」

水谷「そうです!ふつうはどのメーカーさんもレンズカーブをいじるんですね。度が強い方はカーブがフラットに,度が弱い方はカーブをきつくするんです」

水谷「フォーナインズ監修のレンズでは一定のカーブにすることによって,レンズとフレームの干渉が少なくなるんです。するとフレームに無理な力がかからなくなるので,結果的にレンズにもフレームにも優しくなるんですね。ですので10年使えるフレームとなるわけです」

--「あー以前購入したセルフレームのメガネで,レンズとフレームのカーブが違ったためかレンズ周辺でパキパキ音がしてましたね(笑)きっとあれは干渉していたんですね」

水谷「フォーナインズのレンズのこだわりをまとめますと,見え方が気持ちいいということと,フレームとレンズに優しいということですね」

水谷「また,フォーナインズに慣れているスタッフが作っているので加工精度も高いですね」

コーティングについて!

水谷「では話はレンズそのものからコーティングに移りますね。傷防止にもランクがあります」

水谷「最近では裏面UV低反射と言って,裏面のUV反射を防ぐということにもこだわっているんです。イメージとしてはレンズがUVを吸収する感覚ですね」

えっと,UV反射っていまや標準装備のものだと思いますが,裏面UV低反射はご存知でない方が多いのではないでしょうか。わたしも知らなかった

裏面,つまり体側のレンズ面がギラギラとUVを反射してしまうとどうなるかというと,裏面レンズに反射したUVが目に

ダイレクトアタック!

してしまうんですね

一大事ですね

日差しの強い日に

「やだぁ~肌焼けちゃう~」

とか言ってる場合ではないですね

今後は

「やだぁ~眼球焼けちゃう~」

などと言ってもっと危機感を高めましょう

そしてフォーナインズのメガネを買いましょう!

はいギャグパート終わり

水谷「またブルーライトカットというのは青色波長の軽減をするもので,カット率って注目されるんですが,カット率はフォーナインズでもその他の量販店さんでもどこも同じだと思うんですよ」

水谷「ギラツキ(青色反射)を抑えていることや,裏面UV反射をオプションとして用意していることがフォーナインズにおけるブルーライトカットの付加価値だと思います」

水谷「ただ,ブルーライトカットがメガネとして正解かと言うとそうでもないんですね。ギラツキを気にしてブルーライトカットをつけない方もいらっしゃるんです。メガネレンズの透明感を求めておられるお客様もいらっしゃいますので。ですので”ブルーライトカット選択可能”という表現をしています」

--「はー パソコンやスマホを使う機会の多いわたしはブルーライトカット一択ですが,そうでないお客様もいらっしゃるんですね~」

水谷「ブルーライトカットのギラツキを嫌う方,結構いらっしゃいますね」

--「これブログに書くかどうかわからないんですが…」(結局書いてる)

--「レンズを透かした時に,『(ー)』というマークが見えたのですが,これはなんでしょうか?」

水谷「えぇ それはですね…量産品でない良いレンズには隠しマークといって,どのメーカーのどんなグレードのレンズかが透かしでわかるようになっているんです。規格を見るサインですね」

水谷「メガネ屋としては,お客様が以前どんなレンズを使われているかが知りたいんですね。それがわかることでお客様のためにもなるんです。ですのでメガネ屋さんの暗黙の了解で隠しマークが入っています」

--「なるほど!そうやって情報収集をされているんですね」

遠近両用について!

--「別件なんですが…母が視力に合っていないメガネをしていて見づらそうなので,母にメガネのプレゼントを考えています。遠視が入っているみたいなので遠近両用のレンズの値段を知りたいのですが…」

水谷「遠近両用グレードでかなり見え方というか,性能が変わります。当店では5ステップをご用意しています」

※5ステップ:スタンダード,ミドル,ハイグレード,プレミアム,カスタムメイド
右に行くほど高価ですが,揺れ歪みが少なくなります

水谷「遠近両用では,先ほどお話した歪みとの戦いが如実にハッキリと出るんですね」

水谷「上のグレードほど,レンズメーカーの技術によって歪み成分を防ぐことができるんですね。それによって気持ちよく感じるんです。ただ,コストが凄く変わってきます」

水谷「上を見てしまうとキリがないので…オススメするのは真ん中のステップのハイグレードですね。これをお選びになって,揺れ歪みを大きく感じるお客様はほとんどいらっしゃらないですね」

--「うわっ(いちばん上のレンズの値段に引くわたし)ほんとにキリがないですね(笑)」

水谷「でも!スタンダードを選ばれるお客様もいらっしゃいますよ!スタンダードだから全員が揺れ歪みを感じるわけではなくて,それを感じるのは個人差があり,スタンダードで全く問題ないというお客様もいらっしゃいます」

水谷「ですので,テストレンズを使って,選んだレンズグレードだとどんなもんか?を探りながら決めていきます。度数が強いほど揺れ歪みが出やすいのでレンズグレードを上げることもありますね。その辺は価格とのバランスをとって,といったところです」

テストレンズ。これを見るたびにSTARWARSのC-3POを思い出すのはわたしだけでしょうか

遠近両用メガネで迷われていて値段を知りたければぜひ店頭まで!

メールやダイレクトメールでのやりとりを控えられているそうなのですが,それは顔の表情が読めない,声色もわからないために

語弊やズレが出てしまう可能性

があるため,会話でのやりとりを重要視しているそうです。

すこし話がそれますが,水谷店長には2つの武器があると思っています。一つはメガネを作る技術の高さ,もう一つはコミュニケーション能力と接客レベルの高さですね。

わたしの友人でお金を持て余しているいわっちょもフォーナインズにてメガネを購入したのですが,そのときのわたしの誘い文句が

一流の接客を受けられるメガネ屋で一流のメガネを作らないかい?

という怪しさ満点のセリフを使ったほど,水谷店長のコミュニケーション能力と接客レベルと技術力は高いです!

お客様を不快にさせない,満足させられる接客ってすごい

つっこんで話を聞くと感動するレベルでした

接客についてかなり勉強されたんだろうなぁと思われる,細かい所作も見られましたね!

お客様が話をする時には身を乗り出して聞くとか,対面に立たない,とかですね

また,メガネを作る技術の高さに関してはスピンオフとして「仕事の流儀編」という記事を作成する予定ですのでお楽しみに!

--「ハイグレードとカスタムメイドで金額が倍くらい違いますが,その差はわかるものなんですか?」

水谷「わかります,ハッキリと。ほぼ全員の方がわかります」

--「その差というのは…」

水谷「そうですね,歪むとか,揺れるとかを感じるということですね。フワフワするという表現でしょうか」

水谷「ただ,それはある程度慣れることが出来るものですね。ですがそういった違和感を許せるかどうかは個人差があるので,そういったことを会話や表情を見て判断する必要がある」

水谷「ですのでメールなどのドライな接客で遠近両用のレンズのお話って出来ないんです」

--「なるほど!フェイス・トゥ・フェイスでのやりとりを大切にしておられる理由がよくわかりました」

水谷「フレーム,レンズについてお話しましたがイメージ湧きましたでしょうか?」

--「えぇ,とっても良い記事が書けそうです(笑)2時間ものご説明,ありがとうございました!」

水谷「こちらこそ,ありがとうございました」

999.9 selected by OPTIQUE S.S 栄

愛知県名古屋市中区錦3-21-18 中央広小路ビル1F
052-265-9549
11:00~20:00
火曜定休(祝日は営業)
http://www.fournines.co.jp/shoplist/detail641.html

※駐車場がありません。パーキングか電車でご来店ください!
※最寄り駅は地下鉄東山線/名城線 栄駅です!

2017/08/03追記:当記事がフォーナインズブログで紹介されました!感謝!

きょうはそんなとこ!おわりっ!

今日も、「のーとぶっく!らいふはっく!」に来てくれてありがとうございます。
高野 蛍(こうや けい)がお送りしました。
みなさんのクオリティ・オブ・ライフ向上のお役に立てれば幸いです!