【机】デスクを作ろう!【diy】

なんでもできちゃうスーパーブロガーとはわたしのこと

すいませんまた調子乗りました

今日はデスクを作るよ!

同日にヘッドボードを作った記事はこちら!

【ヘッドボード】ヘッドボードを作ろう!【diy】

今までずっと座卓(自作)を使ってきたのですが,あぐらって長時間の作業には向いてないんですよね

あぐらで疲れる

ベッドへ移動

読書やらPC操作やら

こんな姿勢で

YouTubeより転載。たぶんわたしの表情もこんな感じ

肩こりとか,身体の調子が悪くなり柔道整復へ行く(いわゆる整体)

身体の歪みを指摘される

週一で通う

あーすっきり

気が抜けてまたベッドでこんな姿勢

整体通いがやめられないとまらない(毎月一万二千円の出費)

というスパイラルにはまっており,なんとかせねばと閃いたのが

高級オフィスチェアを買えば姿勢よく過ごせるやろ!買ったろ!

というわけで大塚家具でオカムラの最高級オフィスチェア ContessaⅡ(定価20万円)を買ったわけです

ContessaⅡの記事はこちら!

【Contessa Ⅱ】購入体験記とかレビューとかをまとめてみた!【大塚家具】

で,買ってから気付いたんですけど

机無いじゃん!

座卓しかない…

というわけで机を作ろう!

また前置きが長くなった!ごめんね!

買い出しじゃあ!

材料がないことには始まりませんので買い出しです

例によってホームセンターバローメガストア稲沢平和店へGOです

木材の取扱いが多くて助かります

なんたって

このフロアぜんぶ木材だからね!

興奮しますね

めぼしい木材を発見

うーん4mもいらないなぁ

というか幅500mmでは足りない

…あ,今回の設計寸法は

1200mm×800mm×25mm

机の高さ:680mm

です

後から完成写真出てきますが

ダイニングテーブルやん!

って感じです

奥行きのサイズがハンパない

今回の奥行き寸法はかなり迷いました

ぶっちゃけ600mmあれば十分,というか既製品の机の標準サイズなんですが

  • 将来的にPCモニタやテレビを置く可能性があること
  • イスを動かさず,机の下で足を伸ばせること
  • デッカイことはイイことだ理論(○っぱいとか…)

で800mmとしました

1200mmはベッド幅にあわせての寸法ですね

ベッド,ヘッドボード,机と縦にならぶ感じです

ヒノキにも惹かれましたが同じく幅が足りない

ええやんけ!買ったろ!

下の25mmのものを買います

ここで1500円ケチって18mmを選んではいけません

作り終えてから天板の薄さを後悔します

机って一度作ると数年は使い続けるので,数年間毎日後悔します

地獄ですね

よろしいですか,今回の合言葉は

デッカイことはイイことだ!(○っぱいとか…)

です

迷わず25mmを選びましょう

エッコラエッコラと上の4枚ほどをどかします

一番上の板は反っていたり,傷ついていたりしますので,数枚下のものを買うことをオススメします

板1枚ってメッチャ重いんですよ!20kgくらいあるので,4枚下は80kgの重石が乗っかってるのとおなじですね

今回じぶんでどかして,戻してをやったので筋肉痛になりました

筋力に自身の無い方は店員さんに頼もう!

板が倒れてくると普通にケガします

このThe業者感あふれる台車に板を載せてレジまでドナドナします

おっと脚を買わなくては

うーん悪くないんですが…

脚が690mmある!

天板のせたら690+25=715mm…ダメだ…目標は680mm…

自分で切って加工するか…?いや…

足先切っちゃうとアジャスター(机の高さ調整のネジ)も一緒に切り落としてしまうのでそれはもったいないんですよねぇ

参ったなーと思いながらネットで売っていないか検索してみると,

お好きな長さにカットします!?

しかも

4本セット8000円!

神のようなサービス

たぶんこの感動がイマイチ伝わらないと思うので,なにが凄いかを箇条書きにすると

  • そもそもアイアン(鉄)の脚は非常に手に入れづらい(売っていることがまれ)
  • 売っていても(寸法的な意味で)気に入るものが皆無
  • 仮にオーダーメイドサービスがあってもぼったくりレベルで高い

なんですよ

それらを全て満たしてくれたんですね

わたしはオプションでアジャスターを付けてもらったので+2000円,プラス送料で合計1万1千円くらいでしたね

ターンバックルさんのネットショップはこちら!

ターンバックル楽天市場支店

あ,宣伝をお願いされたかのように良いこと書いてますが,ターンバックルさんからは一円も貰ってませんからね!

いいお店やいいサービスを紹介するのがこのブログの使命(ドヤ顔)

というわけで脚は楽天で買いました

ムチャぶりな木材加工

さてあとは反り止めです

反り止めというのは,板が反らないように設置する材料のことです

一般的には角材とか平材を天板の裏面に打ち込むんですが

ターンバックルさんのHPより借用

2本の木がソレですね

今回はカッコつけて反り止めに金具を埋め込んでやろうかなと

で,ホームセンターの加工サービスにムチャぶりが始まるわけです

わたし(以下,--)「すいませーん」(猫なで声)

加工担当者店員Sさん(以下,店員)「なんでしょーか」

--「机の天板を作りたくて,サイズは1200mm×800mmで」

店員「はい,はい」

--「反り止めに金具を入れたいんですね。H型に縦に2本,横に1本。その溝って掘れますか?」

店員「うーん,多分出来る」

--「マジすか。そしたら横の位置は400mmの…」

表情が険しい店員さん

たぶん図面書かないと勘違いでヘンなところに溝を入れられる可能性があると察したわたしは

急遽ホームセンターの店内で図面を書くことに

ギンギラギンの金属が埋め込む反り止めです

左の手帳に書いたのですが

なぜかお店用の加工依頼書にわたしが図面を書くことになりました

まぁ普通のお客さんは簡単なカットにしか使いませんからね,木材加工サービス

初めて書いたわ加工依頼書

で,言い値で1600円と言われたので素直に払ってきました

そりゃ価格表に無い注文してますから言い値になりますよね!(笑)

ルーターという機械があれば溝掘りなんぞチョチョイのチョイなんですが,持ってないからなぁ

見事にジャストフィットです。完璧。

といいつつ,彫りが甘くて金具が浮いてしまうところがあったので帰ってからノミで削ってます

ちゃんと現場確認しようね!

脚が来たぞ!

ターンバックルさんから脚が届きました

金曜日に注文して,土日休みなのに月曜日に発送され,火曜日に到着するというスピード

加工頼んだのにこんな早く来るなんてオペレーションどうなってんだと元ブラック企業勤務としてはスタッフさんたちの勤務状況を不安に思いつつ開封します

傷付かないようにガチガチの梱包

はがすの大変なレベルでぐるぐる巻きでした

傷一つ無かったのでさすがです

ダダーン!

ヘッドボードにあわせて,艶消しブラック塗装仕上げを選びました

アジャスターも付いとるでよ

アジャスターはマジで必要です。天板も床も脚も,全て完璧に水平だったり長さが均一ってことはありえないので必ずどこかで調整する必要があります

机がカタつくとかなりストレスを感じるので,脚を選ぶときは値段が多少高くなってもアジャスター付きを選びましょう

さぁ脚を付けていくよ

必要なのは定規と鉛筆と消しゴムです。指矩(さしがね)があると完璧です。指矩とはL字型の金属製の定規のことですね

前職のなんでも屋の研修で,怒ると怖いけど普段はオヤジギャグ連発している講師が差し金を手に持ちながら

「これは誰のさしがねだ!」

と叫んでいた事を思い出しました

意味わかりますよね…?説明するのもなんか恥ずかしいのでここには書きませんが…

端から15mmずつ線を引きます

線に沿って脚を置き,穴をあける位置を鉛筆でマークします

こんな感じ

下穴をあけるドリルの径はビスより細いものにしましょう

でないとビスが空転します。当たり前ですがボーッとしてるとこういうイージーミスします

疲れたらすぐに休憩しましょう。材料ダメにするだけならまだマシで,最悪手に穴をあけたりする可能性があるので…

子どものころ,バルサという柔らかい木を十徳ナイフで削っていた時に,何を考えたのか逆刃で木を削ろうとして力をかけたら十徳ナイフが閉まってきて,

親指の先を縦に半分切断

してしまって血が止まらなくて,親の顔から血の気が引けていたこととかあったなぁ(わたしはなぜか平然としていました)

道具は便利ですが正しい使い方をしないとヤバイヨヤバイヨって話でした

穴をあける

貫通させないように注意!(前回の戒め)

穴をあける前に,板の横にドリルビットを立てて,板厚に対してドリルビットの長さがどんなもんなのか把握しておくとミスがなくていいです

またまた登場マキタのインパクトドライバー

一家に一台マキタのインパクトドライバー

マキタ社製の電動工具の何が凄いって,

バッテリーが全て共通

なので,マキタのコードレス掃除機にインパクトドライバーで使っているバッテリーを使えるんですよ!神ですね

付属のビスを打ち込む

完全に締め込まず,すこし残しておきます

こうすることで微妙な位置調整が可能です

位置が完全に決まったら締めきりましょう

2本で位置合わせから締めこみまで出来ましたね

ヘタに全部のビスを打ってしまうと,締め込んでいなくても微調整ができなくなるので。

あとは残ったビスを締め込みます

ダダーン!

これを4箇所

ひっくり返って身動きとれない亀の図

亀ってなんであんな欠陥を抱えていながら絶滅せずに生きながらえてこれたのか…生命の神秘

立った…机が立った!

この「クララが立った」で有名なセリフはハイジでなくペーターが言ったらしいですね

ハイジだと思ってた

500mlペットボトルを置いてみる

机デカいなぁ!?

動作がモッサリで最近のいちばんのストレッサーであるスマホを置いてみる

机デカいなぁ!?

下から

スッキリしてますね

しばらくこの丸椅子で過ごします

早くContessaⅡ来ないかなぁ

…いかにも完成の雰囲気出してますが

まだ終わってない!

やすりがけです

いちばんの力作業です

案の定翌日

肩甲骨の外側

というなかなか珍しい場所が筋肉痛になりました

セット品は便利ですね

基本的に

  • 角を滑らかにする
  • 表面を滑らかにする

ことが目的ですので,布やすりを使ってひらすら

シャカシャカシャカシャカシャカ(研磨音)

します

布やすりは番手の小さい(荒い)ものから使います

写真は,左から60番,120番,240番です

といっても

ノリが3枚並んでいる

ようにしか見えないので拡大

60番

スケボーの表面みたい

120番

240番

上下のカドを丸くしましょう

ここで手を抜くと,文字通り痛い目にあいます

腕をカドに載せてPC作業とかするとカドの攻撃が腕の肉を貫通して骨まで痛くなるからね!

四隅もね

太ももくらいの高さなので,カドを丸くしないと,ぶつけた痛みでキレそうになります

カルシウムが足りない

表面もね

撮影なのでソフトタッチな手の置き方ですが,実際の作業は

気が狂ったように

高速研磨しています

この作業を!炎天下で!粉まみれになりながら!

疲れた

しかも取り込む際にエアコンの室外機のカドで天板表面をぶつけて凹ませるというアクシデント

ぶっ続けで作業すると注意力散漫になるいい例です

休憩は取ろう!

とうふのようにカドが丸いですね

こういう丸い人間になりたいものです

さぁ出来たぞ!

配置してみましょう

びふぉー

あふたー

(ドヤ顔)

ベッドから

びふぉー

あふたー

(満面のドヤ顔)

アイアンの脚でスッキリさせたのは大正解でした

小学生が自宅で使う机のように,板材で脚を作っていたら机の向こう側が見えず,部屋が狭く感じる家具になってしまっていたと思います

生活用品を含めて

びふぉー

汚ねぇ!

あふたー

ヤバくない?マジヤバくない?

ぼく満足!

ちなみに作り方はターンバックルさんのショップに紹介ページにもあります!今回おおいに参考にさせて頂きました!(脚の位置は端から15mmとか)

サイトはこちら!

自分だけのオリジナルテーブルをDIYしちゃおう♪

まとめ!

  • 合計金額は20800円(板6500円,脚10900円,金具1700円,カット代1700円)
  • 激安家具が台頭していますのでぶっちゃけ作る方が高くつきますが,サイズを自分好みに安く作れるのが最大のメリットですね
  • あとは作ってる間は幸せな気分になれる(個人差ありかも)
  • 世の中に自分の生きた証を残せる(大げさ)
  • 作ってほしい人はお気軽にご相談下さい!notebook.lifehack@gmail.com

きょうはそんなとこ!おわりっ!

今日も、「のーとぶっく!らいふはっく!」に来てくれてありがとうございます。
高野 蛍(Kouya Kei)がお送りしました。
みなさんのクオリティ・オブ・ライフ向上のお役に立てれば幸いです!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする